歴史

SVホルン歴史

19221021日 現・ホテルポストで行われた会議の末、SVホルンが創立

1922721日 ホルン市の色「青・白」がチームカラーとして選ばれる

1923年 チーム活動スタート。当時は現オークションホール付近のグランドを利用

1927年 スポーツクラブ・ホルンはラピッド・ホルンに改名

    ホッフェンガーデンに本拠地を移動、1947年まで利用される

1947年 ASKホルンと合併し、SVホルンに改名

1957年 現・シュムックカステンをクラブ本拠地として買収

1958年 新居地での活動がスタート

1970年 新スタジアムの改善が開始

1972年 ナイトゲーム用のライトと600席のスタンドを設置

2007年 観客席、VIPエリアとクラブハウスが近代化。

2008年 ブンデスリーガ規制のライトを設置

2008年 オーストリア・アマチュアカップを優勝

2011年 レギオナルリーガ前半王者

2011年 スタジアムもヴォルクルバンクアリーナに改名。

2012年 エアステリーガ初昇格

2014年 オーストリア・サムソンカップの準決勝でザルツブルクを相手に敗退するも、スタジアムは5500人の観客を記録

2015年 HONDA ESTILO株式会社によって買収