BW Linz

SV Horn
1:0
(0:0)
【Erste Liga第13節】
Friday, 14. October 2016 - 21:30
Gugl Stadion

【Erste Liga第13節】

国際Aマッチウィーク終了後、初のリーグ戦。

ホルンは12節を終えて、10チーム中9位に低迷している。

今回相手となるのは最下位BWリンツ。

3連敗している我がホルンが勝ち点を手に入れるには格好のチャンスだ。

逆に下位同士のこの直接対決に負ければ、最下位に転落する。

「絶対負けられない闘い」がアウェーの地で行われた。

ストライカーのFWスリマニがケガをしているため、濱吉監督はトップにFWオルシーニを起用。

そして、MFミロセビッチがケガ明けからピッチに戻ってきた。

試合が始まったものの、ホルンは決定期を中々作ることができない。

後半、相手選手が突破しシュートを放つ。

そのシュートがGK権田の股を抜け、ゴールが決まる。

0-1のまま、試合終了のホイッスルが響き渡る。

次戦は10月18日、ホームでFACウィーンを迎え撃つ。

Titelfoto © GEPA Pictures


Aufstellung SV Horn: Gonda, Vallci (79. Havenaar), Bortel, Djordjevic (K), Takougnadi, Varela, Ljubic, Milosevic (68. Kim), Tano (66. Zatl), Yajima, Orsini
Tore: 1:0 Hinum (60.)