SV Horn

WSG Wattens
2:0
(1:0)
16. Runde Sky Go Erste Liga
Tuesday, 1. November 2016 - 18:30
Waldviertler Volksbank Arena

【Erste Liga第16節】

オーストリアの祝日の夜、リーグ第16節が開催された。

Wattensをホームに迎えての闘いである。10チーム中9位のホルンは断じて負けられない。

ジョルジェビッチが前節の警告で出場停止、バルチが体調不良で欠場。デフェンスの主力2人を欠いた中で濱吉監督は20歳のノサを起用。

そして、オリバー・プラニッチがベンチに戻ってきた。

前半11分、右サイドバック・キムからのロングボールを左サイドハーフ・タコウグナディがヘディングで折り返し、リュビッチがゴールに決め、先制点を奪う。

その後、相手にシュートを打たれようとも、GK権田が安定したセーブを見せる。

後半27分、榊がプライニンガーに変わって投入される。するとその10分後、オフサイドギリギリで抜け出した榊がゴール左にシュートを決めた。

2-0でホルンの勝利。ここから上位チームとの4連戦が始まる。まずは11月4日(金)のインスブルック戦だ。

 

Foto © GEPA Pictures


Aufstellung SV Horn: Gonda, Kim, Bortel, Havenaar (K), Iyobosa Edokpolor, Varela (88. Milosevic), Ljubic, Yajima, Preininger (72. Sakaki), Takougnadi (82. Orsini), Zatl
Tore: 1:0 Ljubic (11.), 2:0 Sakaki (82.)