FC Liefering

SV Horn
1:1
(0:1)
【Erste Liga第19節】
Friday, 25. November 2016 - 21:30
DAS.GOLDBERG Stadion

【Erste Liga第19節】

前節のLASK LINZ戦に1-4で負けた我がホルン。

今節と次節で勝ち点を取り、2ヶ月半のウィンターブレークに入りたいところだ。

リーグ戦が開幕した第1節でFC Lieferingの闘い、今季3度目の対戦となる。

濱吉監督は、前節からスターティングメンバーを入れ替えた。

ミラン・ボーテル(出場停止)、矢島と榊の3人の替わりにハーフナー・ニッキ、リュビッチとオルシーニの3人を起用。

前半33分、相手のロングパスを弾いたハーフナー・ニッキから攻撃が始まる。

2本、3本とパスが繋がり、リュビッチからのスルーパスを受けたザトルがGKと一対一。

シュートがGKに当たるものの、もう一度押し込んだ。

アウェーのホルンが0-1の先制だ。

このまま逃げ切るか、と思いきや54分に相手のシュートを決められ1-1。

90分が終わり、お互い勝ち点1を分け合った。

次節は12/2(金)にSCAustria Lustenauとアウェーで闘う。

 

Foto © GEPA-pictures.com


Aufstellung SV Horn: Gonda, Vallci, Havenaar, Djordjevic (K), Kim, Varela, Ljubic, Milosevic, Takougnadi, Orsini (67. Tano), Zatl (90. Yajima)
Tore: 0:1 Zatl (33.), 1:1 Berisha (54.)