WSG Wattens

SV Horn
2:2
(0:0)
Sky Go Erste Liga 第7節
Friday, 26. August 2016 - 18:30
Gernot Langes Stadion

【Erste Liga第7節】

Sky Go Ersteリーグの2週間の国際休暇の前に、アウェイの地でWattensとのリーグ第7節が行われた。

思うように勝ち点は取れてないものの、チームのモチベーションは、開幕当初から保ち続けている。

ゴールをにおわせる2度のチャンスがあったが、逃した。

1度目、FWスリマニのシュートは相手GKに止められ、2度目のDFハーフナー・ニッキのヘディングシュートもゴールラインを割らなかった。

しかし、GK権田がフロント陣に可能性を示した。相手の危険なカウンター攻撃から、味方ゴールを守ったのだ。

34分には、スリマニが独走しキーパーをかわしたが、最後に相手DFと接触し止められた。それは警告とPKに匹敵する状況だったが、レフリーは流した。

前半0-0の均衡は破られなかった。後半は、両チームとも気迫のこもったプレーをした。そして、ついに均衡が破られた。

49分、新加入のオルシーニがゴールを決め、1-0のリードを奪う。

しかし、Wattensはあきらめなかった。59分、71分と立て続けにゴールを奪い、スコアを1-2とする。

1点ビハインドの79分に、キャプテンであるDFジョルジェビッチがファールを受ける。そのFKをFWスリマニが決めスコアを2-2の同点にする。そして試合終了。

ホルンは、アウェイの地で勝ち点1をもぎ取った。

 

Titelfoto © GEPA Pictures


Aufstellung SV Horn: Gonda, Denner, Havenaar, Djordjevic (K), Weinwurm, Ljubic, Varela, Sakaki (77. Tano), Yajima (67. Andrä), Orsini (85. Preininger), Sulimani
Tore: 0:1 Orsini (49.), 1:1 Jurdik (59.), 2:1 Morck (71.); 2:2 Sulimani (79.)