LASK Linz

SV Horn
1:1
(0:1)
9. Runde Sky Go Erste Liga
Tuesday, 13. September 2016 - 18:30
Waldstadion Pasching

【Erste Liga第9節】

SVホルンは前節ホームでFC Wacker Innsbruckと対戦し、久しぶりに勝利を挙げることができ、その勢いのまま、今節はアウェーの地で現在上位争いをしているLASK Linzと対戦した。LASK Linzは、今シーズンすでに5勝を挙げ、相手も勢いに乗ったチームだ。

試合開始早々、相手の早いプレッシングに戸惑いがありましたが、前半7分、SVホルンはコーナーキックでチャンスをものにした。左サイドバックのDenner選手(背番号19)がキッカーを務め、そのボールを右サイドバックのVallci選手(背番号18)が頭で合わせ、先制を奪った。SVホルンは幸先のいいスタートとなった。その後は、相手の攻撃を耐える時間が続いた。危険な場面はあったが、相手に得点を許さずに前半を10と終えることができた。

LASK Linzは、後半も開始早々から圧力をかけてきた。58分、66分とSVホルンは危ない場面があったが、GK権田選手の好セーブもあり防ぐことができた。後半は攻め込まれる時間帯が多かったが、75分にSVホルンにビックチャンスが訪れた。味方のクリアボールを70分に投入されたオルシーニ選手がキープし、そのボールをスリマ二選手へとつなぎ、そこで相手DFに競り勝ったスリマ二選手は、相手GK11の場面を作った。しかし、11を決めることができず、さらにリードを広げることができなかった。

その後は、チャンスを作ることができず、後半80分、LASK Linzに同点ゴールを与えてしまった。

SVホルンはリードを守り切れず11で、試合終了のホイッスルが鳴った。

今節は悔しい結果となったが、SVホルンはこれからの自信をもてる試合となった。

次節のリーグ戦第10節は、ホームでFC Lieferingと対戦します。

Titelfoto © GEPA Pictures


Aufstellung SV Horn: Gonda, Denner, Bortel, Djordjevic (K), Vallci, Varela, Yajima (84. Havenaar), Ljubic, Tano (72. Orsini), Preininger (65. Sakaki), Sulimani
Tore: 0:1 Vallci (7.), 1:1 Gartler (80., Elfmeter)