SV Horn

BW Linz
0:2
(0:0)
22. Runde Sky Go Erste Liga
Friday, 3. March 2017 - 18:30
Waldviertler Volksbank Arena

リンツの堅い牙城の前に悔しい敗戦

KSVとの後期ホーム開幕戦から1週間、SVホルンはホームにリンツを迎えた。濱吉監督は前週から2つのポジションでスターティングメンバーを変更してきた。

そういったことからも、また、ホルンがボール支配することからもリンツの入りは慎重であった。逆にホルンはアルミンがホーム公式戦初出場であったため、彼の緊張をほぐすためにも攻撃的で、スリマニが積極的にプレッシャーをかけに行った。前週の勢いのままに試合に入るのがホルンの理想だったからである。

前半3分、ヴァルチがリンツのゴールを脅かしたが、直後には逆にスリマニが絶好のポジションでボールを奪われ、ピンチを招いた。前半の拮抗した試合の中で、前半ジョルジェビッチとヴァルチがゴールを守ったように、相手選手のBlutsch前に転がってきたチャンスボールはハーフナー・ニッキの身体を張ったディフェンスによってはじき返た。

後半最初のハイライトは先制ゴールであろう。不運なことに、先週のようなホルンの先制点ではなかった。55分、Goigingerのロングシュートによるリンツの先制だった。 その後、リンツは自陣で守備を堅めてきた。ミロセビッチがなんとかしてリンツの牙城を崩そうとしたが、ザトルとタコナディには中々合わない。逆にリンツは沈黙を破るかのように反撃をし、74分に2点目となるゴールを奪った。今節は終盤の猛攻も実らず、少しの差で点差が開いたようだった。実質的には0-0のような敗戦じゃないだろうか。

SVホルンメンバー:アルミン, ヴァルチ, ハーフナー・ニッキ, ジョルジョビッチ(キャプテン), ボーテル(83分キム), 矢島, アントノフ (75分 リマ―ジュ), タコナディ,オルシーニ , ミロセビッチ, スリマ二 (59分 ザトル)

スコア: 0-1 Goiginger (55), 0-2 Blutsch (76)

下記URLよりこの試合の写真を見ることができます。
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.10155106199954083.1073742104.270025514082&type=1&l=fc5f9c4ba6


Aufstellung SV Horn: Gremsl, Vallci, Havenaar, Djordjevic (K), Bortel (83. Kim), Yajima, Antonov (75. Limaj), Takougnadi, Orsini, Milosevic, Sulimani (59. Zatl)
Tore: 0:1 Goiginger (55.), 0:2 Blutsch (76.)