SV Horn

FC Liefering
0:1
(0:0)
28. Runde Sky Go Erste Liga
Friday, 14. April 2017 - 18:30
Waldviertler Volksbank Arena

勝ち点を奪えず

2連敗の後、ホームゲーム2連戦の最初のゲームが金曜日に行われた。相手チームのリーフェリングはここ数試合満足のいくプレーはできていないが、実力がある侮れないチームである。

レッドブルの若手チームに対して濱吉監督はメンバーを変更した。両SBのデンナーとヴァインヴルムに代えてミランとヴァルチがSBに入り、CBにハーフナーが入った。さらに榊が先発メンバーに名を連ねた。ウイングの選手は素早い動きで試合開始10分間リーフェリングを苦しめたが、リーフェリングはホルンの攻撃を耐え切った。

ホルンが有利に試合を進める試合展開となり、ヴァルトフィアテル・フォルクスバンクアリーナに詰め掛けた観客は、前半のうちにオルシーニやザトルによってホルンが先制点を奪うことを待ち望んだ。しかし、前半はスコアが動くことなく終了した。

後半が始まってからもホルンの攻勢は変わらない。ザトルの献身的な前線からの守備によりボールを保持する時間が多くなる。右サイドを抜け出したオルシーニからゴール前のタコナディへクロスが入り、この日の最大のチャンスを迎えたが決定的なこのチャンスを決めきることができない。数分後、ヴァルチが強烈なシュートを放つがこれも得点には結びつかない。

両チームとも得点が奪えずスコアレスで試合が終わると思われた終了間際、リーフェリングがコーナーキックから得点を決めた。ホルンは良いパフォーマンスを見せながらも試合には敗れる結果となってしまった。

来週の火曜日にホームでルステナウを迎え入れ、その試合で巻き返しを狙う。

Foto © GEPA-pictures.com


Aufstellung SV Horn: Gremsl, Bortel, Djordjevic (K), Havenaar, Vallci, Yajima, Antonov, Milosevic, Sakaki (52. Takougnadi), Orsini, Zatl (77. Tano)
Tore: 0:1 Leite da Silva (92.)