【Erste Liga第18節】


18. November 2016
NO TO RACISM MATCH (人種差別反対試合)

人種差別反対試合として、迎えた第18節。

観客席で「黒人選手を出すな!」と叫ぶ、我がホルンサポーターも少数ながらいる。

人種差別は、深く根付いた問題である。

そんな中、ホームでLASK LINZを迎えた。

前半開始してまもなく、クロスから相手28番にヘディングで決められる。

一点ビハインドの出だしから、さらにCKからのヘディングで追加点。0-2。

このままでは絶対に終われない。

すると、後半、ホルン10番ミロセビッチがペナルティエリア内で反転して左足でシュート。

ゴール左隅に決まり、1−2の一点差だ。

しかし、リーグ上位のLINZに2点の追加点を決められ、1-4。

次節は11/25(金)のアウェー戦。若い日本人選手を1人有しているFC Lieferingと対戦だ。