濱吉正則監督解任のお知らせ


03. May 2017
濱吉監督解任、後任はアシスタントコーチのヴェスタターラ氏

SVホルンは濱吉正則監督を解任することになりましたので、お知らせいたします。

濱吉氏は2016円4月に当時3部で首位争いを繰り広げていたチームの監督に就任し、チームを3部優勝、2部昇格へ導きました。ヨーロッパのリーグで初めてとなる日本人監督となりましたが、3部リーグで戦い、一時は4位と勝ち点差「4」の好位置につけていましたが、シーズン終盤に失速し下位争いから抜け出すことが出来ず苦しい戦いが続いていました。
3部降格を左右する5月1日(月)のFAC WIEN(最下位)とのs直接対決で0対2と敗戦し、クラブとして濱吉氏を解任する決断を致しました。

今季残りの4試合は、現在のアシスタントコーチであるクルスストフ・ヴェスタターラー氏が暫定的に指揮を執り、全試合の勝利を目指し、2部残留に向けてクラブ一丸となり前に進みます。

SVホルンは、クラブに尽力いただいた濱吉氏に感謝の意を表すと共に、今後の更なる活躍を願っています。

【濱吉正則史のコメント】

「この歴史あるクラブで監督を務めた事を光栄に思います。最近は、応援の言葉を掛けてもらう事も多く、非常に嬉しかったです。私と家族に対して親切にして頂いたホルンの皆様に感謝しています。ありがとうございました。」

 

 

 

 

Titelfoto © GEPA-pictures.com