19歳MF川中健太選手が「コーポレーション契約」


16. January 2017
GKフィリップ・ピーターマンのSCマンスドルフへの移籍に続いて、MF川中健太が「コーポレーション契約」で同クラブへ。

川中選手は和歌山の初芝橋本高校からトライアウトを通じ、2016年1月にSVホルンへ加入。

昨シーズン、3部での試合では9試合に出場しアシストも記録。クラブの2部昇格へ貢献した。

しかし、2部昇格後は出場機会が激減する。19歳の彼は、試合経験の積めるクラブを求めていた。

そんな中、「コーポレーション契約」という形でオーストリア3部のSCマンスドルフで出場可能となった。

ちなみにSCマンスドルフはGKフィリップ・ピーターマンが移籍したクラブである。

(※コーポレーション契約・・・通常のレンタル移籍とは異なり、契約期間中は異なる2チームの試合に出場できる契約。)

この契約によると、いつでもSVホルンに戻って試合に出場することが出来る。

試合経験をじっくり積んで、我がSVホルンに返り咲いてほしいところだ。